ホーム>スタッフブログ

スタッフブログ

ワーゲンゴルフGTIヘッドライト再生

IMG_0502.JPGIMG_0503.JPG左の画像は研磨前のライトですが、お客さんがちょっと前に市販の研磨剤で磨いたそうです。

やはり黄ばみは取りきれずこのままではすぐにマット状に曇ってしまうと思います。

それでもここまで磨くのもかなり大変だったとおもいます。これ以上は無理と判断し、もう少しこの車に乗りたいという意向もありまして、再生を当店に依頼されました。

久々の出張フィルム施工

一昨日はトヨタのディーラーさんの工場でエクスワイヤーのフィルム施工作業です。

普段は出張施工はお断りしていますが、どうしてもということでお受けすることになりました。

屋根はあるのですが、工場は室内と違う為、風が吹き込んできます。

フィルムを貼る時に一番困るのが風なんですが、時々、吹き込まれて苦労しました。

それにしても、昨日のように台風が接近している時でなくて良かったです。

ホンダフリードのバックドアのデントリペア

IMG_0500.JPGIMG_0501.JPGお客さんはバックドアを開けた時にコツンと音がした程度だったのでまさかこんなにへこむとは夢にも思っていなかったそうです。

当たった場所がもう少し上でしたらリアガラスは割れていたと思います。

不幸中の幸いといいましようか?

鈑金修理であれば10万円以上だと思います。

修理期間も一週間以上はかかります。

デントリペアであれば5時間程度で費用は四分の1程度です。

 

ベンツ250Eのモール磨き

IMG_0474.JPG IMG_0481.JPG

左の画像は白い斑点で覆われたベンツ250Eのドアモールです

新車から4年で悲惨な状態です。

屋外駐車の欧州車は殆どこのような状態になります。

これを磨いて綺麗な状態に戻したものが左の画像です。

ルーフモールやアッパーのドアモールも白い斑点模様で覆われていましたのですべて研磨しました。

根気が必要です。

 

コーティングご紹介有難うございます。

IMG_0322.JPG横江さん

御礼遅れました。

コーティング御紹介有難うございます。

今回も新車コーティング40%OFF

キャンペーン価格で施工させて頂きました。

横江さんのロードスターはGT-Cコートでしたが、ご紹介して頂いた松森さんのNスラッシュはハイドロコートで施工しました。お手入れがあまり得意でないという事でセルフクリーニング効果のあるコーティングを施工しました。

又何か御用があればご連絡下さい。

 

ゴーストオーロラⅡ78はこんな感じです。

IMG_0457.JPGお客さんの希望で初めてゴーストオーロラ78をフロントガラスに貼ってみました。

メーカーさんによるとゴーストオーロラ80より紫色を強くしたという事です。

確かにそんな感じがしますがどうでしょうか?

 

 

フィルムの熱形成、厚みや硬さで大違い

最近の軽自動車のフロントガラスは、かなり丸みがあり、熱形成が厳しい車種が多いです。

先日、ホンダN-BOXに透明断熱フィルムの施工を依頼され、熱形成したのですが、意外と形成しやすく問題ありませんでした。

これがウルトラビジョンやゴーストオーロラ、ホログラフィックなどのオーロラ系のフィルムですとかなり熱形成が難しくなります。

最近はオーロラ系のフィルムを希望されるや客さんが多いです。

断熱だけではな、見た目も重要ということでしょう!

 

ホンダNBOXカスタムはナビレス車が多い?

一昨日、昨日と新車のホンダNBOXのフィルム施工です。

二台ともナビレス車両でした。

一台はフィルム、コーティング、ナビ、スピーカー、ホーン取付作業と盛りだくさんのメニューでした。

スピーカー、ツイーターはお客さんが持ち込みでしたが、スピーカーはそのままでは取付できず、インナーバッフルが必要になるのですが、現行NBOXの適合が取れている物がなく、メーカーに尋ねても判らないという事でしたが、問題なく取付できました。

慣れていない作業は時間がかかります。

ホーン交換もどんなものが良いのかこちらにお任せだったのですが、軽自動車の取付スペースを考慮し、なるべくコンパクトな物(MITUBA アルファⅡコンパクト)を選びました。確かに純正ホーンは鳴らしたくないですね!

オーロラ系フィルム、問合せ急増

気温の上昇、又はボーナスが近いという理由でしようか?

6月も後半に入り、フィルムの施工の問合せが増えています。

特に、特殊フィルムの問合せが多いです。

施工部分もリヤ3面、5面はもとより、フロントガラスへのウルトラビジョン系(ホログラフィック)に対するご質問が増えています。

車検は大丈夫?施工価格は?電波に対する障害は?などなどですが、車種により施工不可能の物もありますので、こちらとしては

現車を見てからでないと可能かどうか判断するのは難しいです。

見た感じは問題なさそうでも、実際に熱形成してみるとかなり工夫をしないと無理な車もありましたので、その辺はご了承お願いします。

本日はハイエースのフロントガラスにホログラフィックフィルム施工予定です。

いつも綱渡り状態です。((笑))

綺麗なレインボーカラーのフィルム

IMG_0320.JPG最近、「ウルトラビョンフィルム取り扱っていますか?」という問い合わせがよくあります。当店も当初は扱いがありましたが、欠品やら、手違いやらで入荷が非常に不安定、改良されたウルトラビジョンライトの輝きが以前の物と少し違う?またフィルムの硬さがフロントガラスの一枚張りに適応しにくい等の理由から只今仕入れを見合わせている状態です。

最近の車のフロントガラスはかなり湾曲している為、施工する前にフィルムに熱形成する訳ですが、今まで施工したオーロラ系フィルムの中で、ホログラフィックとというフィルムが一番形成しやすいと思います。フロントガラスを紫系や虹色に反射させたいというお客さんにはホログラフィックをお勧めしています。左の画像は:現行のハリアーにホログラフィックを施工したもので、電波障害もなく、お客さんも大満足でした。

« PREV 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11