ホーム>スタッフブログ

スタッフブログ

もし、雨が降れば降るほど汚れが落ちるコーティングがあるとしたら?

新車を購入したての頃は、まめに洗車もしていましたが、時間が経つと面倒くさい、冬は寒いので洗車はしたくない、

駐車場も屋内ではないので、洗車してもすぐ埃が付き、雨が降るとどうせ汚れてしまうなどの理由から怠けてしまう方がほとんどだと思います。

ハイドロテックウルトラUVコートはそんな方にお勧めのコーティングです。

車の塗装表面に空気中の水分を吸着させ、水の膜を形成、汚れが来ても水の膜に浮いた状態にし、雨などが塗装面にかかればその水が

汚れの下の水親和し、汚れを一層浮かした状態にす為、雨やシャワーなどが塗装面にかかれば水と一緒に汚れも流されるという仕組みです。

建物の外壁、ソーラーパネル、トイレの便器、飛行機、スマホなどの液晶画面などに使用されているコート剤を車用に改良したものです。

どーですか?

ガラスコーティングのように硬い皮膜で塗装を保護する方法ではなく、全く違った方法で車を綺麗に保つもう一つの提案です。

 

ホーム画面の掲載車両の入れ替えしました。

ホームページ作成より長年にわたり使われていたホーム画面の掲載車を入れ替えてみました。

今回はアテンザワゴン、アウディA3、ホンダフリード、BMW1シリーズとなっております。

当店でコーティング、フィルム、セキュリティ等を施工をさせて頂いたお客さんの車両を勝手に掲載させて頂いています。

ナンバーは隠していますのでご安心ください。

ウルトラビジョンみたいなコートテクトフロントガラス

先日、ハイエースのお客さんが来店され、フロントガラスを見てみたら薄ーい紫色に反射していました。

お訊ねすると、フロントガラスをコートテクトガラスに入れ替えていると言われていました。

噂では聞いていましたがなかなか綺麗でOKです。

ハイエースは社外パーツも豊富なので、いろいろ楽しめますが、コートテクトガラスの車種が限られている為、どうしても似たような感じにされたい方はフィルムを貼るしかないわけですが

ウルトラビジョンライトは未だ入荷未定です。

毎日のようにお問合せがありますが申し訳ありません。

 

 

 

プロ用透過率3%の真っ黒フィルムが新発売!

ルミクールシリーズでは透過率8%が一番濃いスモークフィルムでしたが

この度、透過率3%のスモークフィルム(NS003HC)がルミクールシリーズに新登場しました。

透過率3%と聞きますと量販店で売られている耐久性の悪い、車内からの視界性が悪い物が頭に浮かびますが

従来の染色タイプではなく、原着タイプで仕上げているフィルムなので量販店のそれとは違います。

ハードコート仕様のの為、傷も入りにくく、クリアな視界を維持します。

今まで黒さに物足りないとお感じでしたら是非お試しください。

 

 

グラデーションフロントサンシールドフィルム

IMG_2510.JPG IMG_2512.JPG

:意外でしたねー!

現行日産C27セレナのフロントガラスにはガラスの上部に曇りの帯がないんですね!

フロントガラスの高さが980mmもある為、その20%までグラデーションフイルムを貼ることができます。

お客さんに確認しましたら、セレナの最上グレードの車でもグラデーションガラスの設定がないそうです。

車種によりそうであるものない物がありますが何故なんでしょうか?

ガラスの高さがある車はグラデーションがないと何となく間が抜けてしまいます。

今回はお客さんの希望でスモークブルーで施工しましたが、なかなかいい感じで仕上がりました。

 

レクサスにウルトラビョンフィルムライト

かなり前から、レクサスSCのお客さんからウルトラビジョンフィルムの施工を依頼されましたが、ETCの問題で施工を諦めていられました。

その少し前にセルシオに施工した結果、ETCは問題なく感知するとの報告をオーナーさんから連絡があり、ブログで報告したのを見られて、改めて施工を

依頼されたのですが、フィルムの入荷が未定で困っていました。

SCのフロントガラスの高さが70センチ以内であればセルシオに貼ったフィルムの半裁、大きさは(70センチ×200センチ)で施工可能とお伝えしたところ

現車合わせで何とか間に合うことが判明しましたので助かりました。

今の車のフロントガラスはどんどん大きくなっているので、フィルムの大きさが限られていると施工できる車種を探すのも大変です。

やはりレクサスのお客さんからもETCし問題なく通過できるとのご連絡を頂きましたので安心しました。

未だウルトラビョンライトの入荷は未定ですが、車種によってはフロントガラス自体がウルトラビョンのように紫のように反射する社外ガラスもあります。

人気があるハイエースなどはそのような社外ガラスがありますが、車種は限定されてしまうようです。

ゴルフクラブのフェイスにコーティング剤

車に使用されているコート剤はそもそも建物の外壁などに使用されていたコーティング剤を車に転用した物です。

その為、車以外のものにも塗ることは可能です。

先日愛読させて頂いているカーディテイリングニュースにこんな記事が記してありました。

「傷が付いたゴルフクラブフェイスにコーティング剤を塗ったら、余計なスピンがかからなくなり飛距離が20ヤード伸びた」

ゴルフ大好きおじさんの私には大変喜ばしいニュースですがちょっと信じがたい話です。

ゴルフクラブの表面をつるつるにしてしまうと反対にボールに伝わるスピン量が増えてしまうはずです。

スピン量が増えてボールは吹き上がる為飛距離は反対に落ちるのではと思います。

かなり激しくボールとフェイスは接触するのでコーティングは早く削れ落ちてしまうので

実用的ではないですね。

50系プリウスのルーフをサテンブラックにラッピング

IMG_2487.JPG leftright IMG_2490.JPG

ルーフのラッピング頼まれれたのですが、一人で施工するのは困難と判断し、外注さんに依頼しました。

一人でラップすることに比べたらはるかに楽です。

やはり面積の大きい部分は二人で作業したほうがよいの思います。

作業時間も一人での施工に比べたら半分以下で済みます。

均等にフィルムを伸ばすことができるので、フィルムの収縮も均等に保たれます。

フィルムは3M社製です。

事故による部分コーティングの依頼が増えています。

昨日、ハイドロテックウルトラUVコートを施工したミニカントリーマンのお客さんから電話がありました。(タワーマンションの立体駐車場の中に保管中、モルタルと水が混ざったような液体が車全体に付着し、洗っても取れないという)内容でした。多分コンクリートの成分が混ざった物がボディに付着し固まってしまったものだと思います。

本日は日産プリンスのりディラーの営業の方から電話があり、GT-Cガラスコートを施工したお客さんで一年前に納車したスカイラインがセンターラインをオーバーして来たバイクに突っ込まれ右側面の再コーティングを依頼してきました。電話を切るや否や、今度はセレナのお客さんから電話があり、交差点で停車してしまった前のプリウスが、後ろも見ずに慌ててバックして来た為、フロント周りをつぶされたといことでした。セレナのお客さんはGK-MAXコーティングだったと思います。

みなさん相手方の自動車保険や施設賠償保険で修理再施工できるので良かったと思って下さい。

!購入して間もない車ですからショックなのはわかりますが、相手方次第では泣き寝入りなんてこともあるますので

意外と一枚貼りが難しいリヤガラス

IMG_2470.JPG本日はBMW1シリーズのリヤ3面のフィルム施工です。

画像てみるとあまり感じませんが、外見よりかなり湾曲が大きく

熱を加えて形成するのがかなり大変です。

断熱効果の高いフィルムはフィルムの中に石や金属が錬りこまれている為

フィルムが縮みにくく、ノーマルのフィルムより熱による形成が難しいのですが

今回施工したフィルムはシルフィード20です。

そのせいか過去に施工したルミクールより大変だったような気がします。

 

IMG_2471.JPGおまけにガラスの熱線が直線ではなく、円を描くように設けられているので

合わせてカットする方法が取りずらぃのガラスです。

また、アウディA3も小さいリヤガラスですが湾曲が大きい為一枚張りが施工しにくい車です。

後で慌てないように、施工時間は長めにいただくようにした方がよいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

« PREV 6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16