ホーム>スタッフブログ>若者の車離れ

若者の車離れ

グラデーションフロントサンシールドフィルム

IMG_2510.JPG IMG_2512.JPG

:意外でしたねー!

現行日産C27セレナのフロントガラスにはガラスの上部に曇りの帯がないんですね!

フロントガラスの高さが980mmもある為、その20%までグラデーションフイルムを貼ることができます。

お客さんに確認しましたら、セレナの最上グレードの車でもグラデーションガラスの設定がないそうです。

車種によりそうであるものない物がありますが何故なんでしょうか?

ガラスの高さがある車はグラデーションがないと何となく間が抜けてしまいます。

今回はお客さんの希望でスモークブルーで施工しましたが、なかなかいい感じで仕上がりました。

 

ドツト対応フィルムの実力

三代目、トヨタ80系ボクシー、ノアのスライドガラスの両サイドにドット加工されているガラスを使用されてからたくさんのお客さんからご質問を頂きました。

「ドットの部分のフィルムが浮いているのですが?」

「ドットの部分もフィルムを貼るの?」

「ドツトの部分にフィルムを貼ってフィルムが剥がれてくることはないの?」

結論から言うと通常のフィルムは貼ることはできるが綺麗に貼り付かないです。剥がれてくることは殆どありません。

何故かというと通常施工しているフィルムは透明度を良くし、中から外を見たときにスッキリ見えるようにノリの厚みを極力薄くしています。

大体10ミクロンぐらいです。

その為ドットの部分の凸凹にノリが入り込めず浮いてしまうわけです。

ドット対応フィルムは凸凹に糊が埋まりやすいように糊厚を50ミクロンに改良しています。

糊厚を増やしている為透明度は薄い糊厚のフィルムと比べると劣ります。

リヤガラスなどに貼ると後ろが見えにくくなる可能性もあるのでドット部分だけに使用した方が賢明です。

50ミクロンの糊厚でつくられているフィルムでも完璧にドット部分を施工するのは難しいと思います。

片方のガラスは綺麗についているが、反対側は目立たないが、少し浮きがあるなど、パーフェクトは難しいです。

ドット部分の凹凸に違いがあるのか、施工時の外気温の違いなどによっても張り付き方は変化します。

そのへんのことを納得してもらってから施工していますが、確かに通常のフィルムに比べて浮きが目立ちませんのでご理解いただける方は試してみても良いと思います。

 

 

 

業績低迷なの?オートバックス

何処かのニュースで読んだのですが、カー用品店業績NO1のオートバックスの売上が年々落ち込んでいるようです。

原因は若者の車離れ、保有台数の減少とみられていますが、筆者は原因は別にあるというのです。

原因の一つは業界二位のイエローハットにお客さんを取られていること

もう一つは営業戦略の誤りで、もっと女性やち中高年が入りやすいお店づくりを心がけていくことが大切と言っています。

私はこの筆者はあまり車好きの人ではないような気がします。

今の国産車、ベンツ、BMW、アウディ、フォルクスワーゲンなどの外車を見てもわかるように、後付けパーツの必要性が見当たりません。

タイヤは扁平極太、、アルミホイールも太くてカッコイイ、エアロパーツも純正でスマートでカッコイイ、マフラーは排気口がバンパーにあるタイプの車が増えている為交換しづらい、

高額商品で利益率の高い物は既に純正装着済みです。

またヤフーオークションで中古パーツが多量に出回っている為、高額な新品パーツを買う必要がなくなっています。

私自信、ここ数十年、アルミホイルは程度の良い中古品を探し、新品は買ったことがありません。

現実にかなりのパーツメーカーが倒産しています。

タイヤやホイル、エアロパーツやマフラーなどが飛ぶように売れていた時期に比べれば売上が落ちるのは当たり前です。

女性や中高年の方が来店し、ドリンクホルダーや芳香剤を買ってもらっても焼け石に水では?

 

車は手の届きにくい物に?

1970年、中型車の購入は大卒の初任給の約18ヶ月分必要でした。

バブル末期は8ヶ月分で購入できたとか

じゃあ今はどうなの?

2014年は1974年と同じぐらいで11~12ヶ月分必要だそうです。

最近の現象として給料は上がらないのに車の価格だけはどんどん上がっているような気がします。

燃費向上や装備の充実でその分補っていると言われますが

若い方に目を向けて貰うなら価格は低い方がいいですね。

トヨタのハチロクなんかも高いですね

軽自動車も150万円ぐらいするとは驚きです。

1970年後半の若者は洋服や食事を削っててでも身の丈以上の車を購入する人もいましたが

今はそんな人いるのでしょうか?

生活の上で自動車が欠かせない環境、家族構成や居住環境にある人はともかく、

大都市圏に居住し自動車の必要性が低下している人には、自動車の取得・利用の優先順位が大きく下がっているそうです。

価格面で手が届きにくくなっている状況に加え、自動車の取得・利用による便益が減っているのでは、取得優先順位が下がっても当然の話です。

 

こんな立派な中学生がいるんですねー!

本日暇を利用して植木の刈込作業をしていたのですが

ちょっと風が強く、刈り込んだ葉っぱが飛ばされ、かたずけるのが大変でした。

本日は軽いビニールゴミの収集日で

私が住んでいるマンションのゴミ置き場の軽いビニールゴミは

風に飛ばされ道路に散乱してしまいました。

近くで作業していたのでほっとくわけにもいかない状況でして

面倒だなと思っていると、自転車で通りかかった中学生の男子が

一人で散らばったビニールゴミを素手で集めているではありませんか!

そこを通りかかる大人は知らん顔で通り過ぎます。

ビニールとはいえ納豆のパックとか刺身のケースなど決して綺麗なものではありません。

話しかけると同じマンションの住人でもないようで

今時こんな中学生がいるのかと思い、どんな育てられ方をしたのか聴きたくなりました。

刈り込んだ植木の中かからはジュースの缶やお菓子のゴミがたくさん出てきました。

そこで屯している中学生が飲み終わると植え込みの中に捨てているのを注意したかことがありまして

中学校に通報したこともありました。

同じ中学の生徒さんですがいい子もいるんですねー!

 

 

若者の車離れNO3

自動車業界が若者の車離れ食い止めようと躍起になっていますが難しいと思いますねー!

トヨタさんは過去に人気のあったスポーツカーの名前だけを復活させていますが

車自体は全くの別物で面影もありませんよ。

当時の若者のさえ欲しいとは思わないでしょうね。

それに比べ米国の自動車業界は、古き良き時代のマッスルカーによく似せたものを作り

なんとか購買意欲をかき立てようとしています。

金額もやや高価で税金も高いので日本ではあまり売れているようには思えませんが

個人的にはなかなかカッコイイと思いますよ!

でもカッコイイと思うのは当時の若者だけで今の若者は興味ないでしょうね。

これだけインフラも整い便利になってしまい、狭い日本で車というものは仕事で使われている

車両以外必要なくなってきているような感じすらしています。

カーシェアリングとか言って一台の車をみんなで使い回しするような設備を備えた

マンションも増えつつあります。

車がない不便さを感じることが都会ではなくなっています。

私は考えられませんがねー!

終身雇用が崩壊してしまった今、若者にとって、車検、自動車税、保険、駐車場といった必ず

車を購入したら定期的に発生するお金を払うリスクを犯してまでも魅力のある

ものでは既になくなっているんだと思います。

以前はステータスであり、ストレス発散の道具であり、軟派の道具であったあったものが

その価値を失いつつあります

続く..........

若者の車離れNO2

前回の続きですが

古き良き時代の若者は女性にモテる為に車を改造したり、周囲からカッコイイ

ノーマルとは自分の車は違うというところをアピールするのが楽しかったものです。

勿論、硬派な走り屋さんも少なからず存在していました。

そんな車好きな連中が自然と集まり、暴走するようになり、暴走族という言葉が出来上がりました。

当時は車がないと彼女もつくれないような風潮もあったくらいで、18才になると競って自動車教習所

に入校しました。

そんな連中は女の子の気を引きたくて無理して高価な車を購入したり、おしゃれや旅行に使うなら

車のタイヤやパーツを買っていました。

女の子にモテたいから車を綺麗し、同じ車種でも純正以外の色にオールペイントして個性を出していました。

今ではオールペンという言葉は死語ですね!

実際は車がカッコイイからもてるなんてことはないはずです。

女の子は好きな彼氏の車が一番カッコイイと思っているはずです。

それが車がかっこいいから彼女ができると錯覚してしまっていたのて゜しょう。

女の子に失礼ですよね

でも、あの当時、レディースとかいう車好きな女の子集団もあり、うまくいってゃった例も少なからずありました。

そのような若者が古き良き時代は沢山いたような気がします。

今では馬鹿じゃないのと言われると思いますが、何よりも愛車を非常に大切にしていました。

彼らの行動は良くも悪くも女性をいつも意識していたように思います。

今の若者は女の子は車では振り向いてくれないことが判っています。

昔に比べて今の若者の方が現実的で賢いように思います。

続く,,,,,,,,,,,,

 

若い人の車離れ

先日新型XトレイルにVIPER330Vをインストールしました。

新型で周りの業者もインストールしたことがなく苦労しましたが

無事完了しました。

イモビライザーはほぼ標準装備されセキュリティも充実しています。

10年前までは、高級車しか付いていないような装備もランクの下の車両

に装備されるようになってます。

悪く言えば個性がありませんので車好きな方は社外品をインストール

したりする訳です。

こうして取り付けたパーツなどが女性に喜ばれたり、カッコイイとかいわれると

非常に満足し、更にドレスアップに拍車がかかります。

ここなんですねー!

続く............

 

 

 

 

 

 

 

1