2019年5月

このカマロ、もしかしてリヤガラス脱さないと?

IMG_1418.JPG IMG_1427.JPG

新型カマロはリヤガラスとトレーの隙間が全くないのです。

大変な思いをしてリヤトレーを外しても大きなスピーカーユニットが邪魔になります。

スピーカーユニットを外そうとしてもリヤガラスとの隙間がないので国産車みたいに取り出すことができません。

もしかしてユニットを外すにはガラスを外さないといけないのでしょうか?

今回は何とか外さずにオーロラフィルムを貼りました。

お客さんの要望で更にシルフィード断熱フィルムをはり、二重貼りにしました。

確かに、この方がオーロラ模様が引き立ちます。

 

鈑金したら10万円でもデントリペアなら!

IMG_1410.JPG IMG_1411.JPG

ホンダジェイドの左フロントフェンダーの直径4センチほどの凹みです。

作業時間2.5時間、パテも使わず塗装も純正塗装そのままです。

仕上がりは完璧です。

凹みのある場所、凹みの大きさにより修復価格は違いますが、今回は16000円(税別)です。

まだまだ認知度の薄いデントリペアですが、鈑金塗装より断然お得てす。

フロントドアガラスのオーロラフィルム施工は可能?

IMG_0691.JPG

5月に入り、少しづつ気温も上昇してきています。

晴天の日はドアガラスからはいる日差しが痛く感じます。

そのせいか、フロントドアガラスへの断熱フィルム施工がの問合せが増えるのですが

今年はオーロラフィルムをフロントガラスだけではではなく、フロントドアガラスに施工したいという問い合わせが増えています。

フロントガラスとフロントドアガラスでは元々の透過率が違います。

殆どの車はフロントドアガラスの方が色が濃く、透過率が低くなっていますので、フロントガラスは70%の透過率を確保できても

フロントドアガラスは70%確保できません。

その中でも商業車などはガラスの色が薄いのでフロントドアガラスでも70%の透過率を確保できます。

殆どのお客さんはフロント三面でお問合せされますが、透過率の問題がありますのでご了承下さい。

1