2017年7月

プロ用透過率3%の真っ黒フィルムが新発売!

ルミクールシリーズでは透過率8%が一番濃いスモークフィルムでしたが

この度、透過率3%のスモークフィルム(NS003HC)がルミクールシリーズに新登場しました。

透過率3%と聞きますと量販店で売られている耐久性の悪い、車内からの視界性が悪い物が頭に浮かびますが

従来の染色タイプではなく、原着タイプで仕上げているフィルムなので量販店のそれとは違います。

ハードコート仕様のの為、傷も入りにくく、クリアな視界を維持します。

今まで黒さに物足りないとお感じでしたら是非お試しください。

 

 

グラデーションフロントサンシールドフィルム

IMG_2510.JPG IMG_2512.JPG

:意外でしたねー!

現行日産C27セレナのフロントガラスにはガラスの上部に曇りの帯がないんですね!

フロントガラスの高さが980mmもある為、その20%までグラデーションフイルムを貼ることができます。

お客さんに確認しましたら、セレナの最上グレードの車でもグラデーションガラスの設定がないそうです。

車種によりそうであるものない物がありますが何故なんでしょうか?

ガラスの高さがある車はグラデーションがないと何となく間が抜けてしまいます。

今回はお客さんの希望でスモークブルーで施工しましたが、なかなかいい感じで仕上がりました。

 

レクサスにウルトラビョンフィルムライト

かなり前から、レクサスSCのお客さんからウルトラビジョンフィルムの施工を依頼されましたが、ETCの問題で施工を諦めていられました。

その少し前にセルシオに施工した結果、ETCは問題なく感知するとの報告をオーナーさんから連絡があり、ブログで報告したのを見られて、改めて施工を

依頼されたのですが、フィルムの入荷が未定で困っていました。

SCのフロントガラスの高さが70センチ以内であればセルシオに貼ったフィルムの半裁、大きさは(70センチ×200センチ)で施工可能とお伝えしたところ

現車合わせで何とか間に合うことが判明しましたので助かりました。

今の車のフロントガラスはどんどん大きくなっているので、フィルムの大きさが限られていると施工できる車種を探すのも大変です。

やはりレクサスのお客さんからもETCし問題なく通過できるとのご連絡を頂きましたので安心しました。

未だウルトラビョンライトの入荷は未定ですが、車種によってはフロントガラス自体がウルトラビョンのように紫のように反射する社外ガラスもあります。

人気があるハイエースなどはそのような社外ガラスがありますが、車種は限定されてしまうようです。

1