2017年2月

今朝は春三番?早めに洗車を

当店でコーティングされたお客様いつもお世話になります。

昨夜から今朝にかけて強い風と共に雨も降りました。

今は殆ど風も雨も収まりましたが、ボディについた花粉が雨で流れきらない為、雨が蒸発した後固まってしまうことがあります。

本日は気温も高めなので早めに洗車して下さい。

花粉が固まって付着してしまうと水で洗い流すのはかなり大変ですよ!

お待たせしております。ウルトラビジョンフィルム

以前ブログで紹介しました2月に入庫予定予定のウルトラビジョンフィルムが、日本の代理店に問合せしたところまだ入荷していないという回答でした。セルシオ、クラウンのフロントガラスへの施工を依頼されているお客さんには申し訳ないですが、今しばらくお待ち下さい。

こんなに大きな歪みデントリペアで修理できますか?

IMG_2367.JPGのサムネイル画像 IMG_2369.JPG

車はプリウスα、気が付いたらリヤフェンダーに凹みがあったいうことです。お客さんから依頼された時は気が付かなかったのですが、室内に入れて蛍光灯をあててみるとかなり大きな歪みです。深さは浅いのですが範囲が今までになく大きい物でした。白いチョークで記した場所がそうなんですが、縦に30センチ横に40センチぐらいです。デントリペア専門の高田さんに相談するとかなり悩まれていましたが何とか受けて頂きました。凹んでいるだけで塗装は綺麗な状態なので鈑金塗装したくないお客さんの気持ちはわかります。午前10時から始め夜の10時まで12時間かけてようやく作業終了しました。鈑金塗装のように一週間も二週間もかからないで塗装は純正のまま、パテも使用しないので何年たっても変化しません。費用は鈑金塗装の半額以下ですから便利な修理方法です。

リヤガラスの熱線が弱い最近のトヨタ車

「色が褪せてきた」「色が薄いのでもっと濃い色に」などの理由で以前は問題なくリヤガラスのフィルムを剥がして貼りなおしていましたが、最近のトヨタ車はそうはいきません。一度貼ってしまったフィルムを剥がすと熱線まで剥がれてしまうことがあります。ちょっと前に現行の21系 クラウンアスリートのお客さんからの依頼でリヤガラスのフィルムの張替えを頼まれたのですが、お断りさせて頂きました。ディーラーで施工したらハイマウントランプの部分をくりぬかれてしまい、かっこが悪いので張り替えたいという事でした。以前ヴェルファイアとプリウスのリヤガラスのフィルムを剥がした時に熱線も一緒に剥がれてしまい保険で修理したことがあります。プリウスは貼ってから一週間しか経っていないので問題ないだろうと思ったのですが駄目でした。クラウンならトヨタの高級サルーンカーなので大丈夫かとは思いましたが万が一があるでお断りしました。どちらかというと以前は日産車の方が熱線が薄かったのですがどうしたのでしょうか? これからは張り替えは厳しいです。昨日BMWのツーリングワゴンのリヤガラスのフィルムを剥がしましたが問題はありませんでした。

 

追突事故の連絡が増えてます。

当店でボディコートされたお客さんからここ数日の間に事故のご連絡を立て続けに三件ありました。ボクシーのお客さんとCX-5のお客さんは追突されたそうです。もう一台はBMW2のお客さんでこちらは自損事故です。追突された方は相手の保険でコーティング代も支払われますので問題ないですが、自損の方は保険を使うと等級が変わってしまうので悩むところです。特にCX-5のお客さんは後ろから追突された反動で前の車に追突してしまった玉突き状態です。かなり酷いという事です。このような場合、部分コートで見積を出すと一台分すべてコーティングしなおした方が安くなりますのでたぶんそうなるのかなと思います。みなさんコーティングして2年も経っていないお客さんですので問題なく保険適用だと思います。

高齢ドライバーの事故は減っているのにやたらマスコミに!何故?

shutterstock_489007957_fotor.jpg御爺さん御婆さんが事故を起こすとニュースですぐに報道されますが、これには何か裏事情があるのではないかと推測されています。高齢化に伴い高齢ドライバーも少しづつ増加しているのに事故は反対に減少しているそうです。なのに何故?そこには自動車メーカーと国土交通省と警察庁のそれぞれの思惑があり、高齢ドライバーの事故をうまく利用して、新しい新型車に乗り換えてもらうことが目的だというのですが、そういわれてみれば確かにそう思われますね!高齢ドライバーの方には大変失礼な話だと思いますがいかにも事故が増えているように見せかけているようにみえます。トヨタ、日産、スバル、ホンダect 日本のすべてのメーカーが自動運転機能付きのシステムを開発していますが、2020の東京オリンピックまでに自動ブレーキ、自動運転機能付きの車両を数多くリリースすることで世界にその技術をアピールしようと考えているらしいのです。もし本当だとしたら高齢ドライバーの方には申し訳ないですが、日本経済にとっては悪い話ではないですねー!

1