2017年1月

ULTRA VISION FILM実はドイツ製(訂正)?

ultra.jpgこの前紹介したウルトラビジョンフィルムですが開発されたのはどうやらアメリカではないかも?

海外のオークションサイトを見てて発見したのですがMAID IN GERMANYとありました。

実際にフィルムを貼ってある車を見てもベンツ BMWばかりでアメ車は見られません。

このようなガラスを装着しているのは欧州車ばかりでアメ車にはないと思います。

アメリカには世界の自動車パーツが集まってきます。

以前、私が所有していたオースチンヒーレーという車のレプリカモデルですが、イギリスで制作されたのにパーツが本国にはなくアメリカから仕入れたケースもありました。

このフィルムの出品者はアメリカのイリノイ州となっていましたがドイツから仕入れているのでしょうか?

 

 

 

 

 

 

ウルトラビジョンフィルム知ってますか?

ウルトラビジョン.jpgお客さんからの問合せで知ったのですが、フロントガラスにも施工可能???なフィルムで、欧州車によく見られる特にベンツが多いですかねー、ハーフミラー系の薄い紫色のフロントガラスのようになるフィルムです。透過率は83%~94%です。何故バラバラかというと測定する部分の光の反射の仕方が違うのでそうなるという事です。USAで開発されたものなのでそのへんのところは関係ないのでしょう!私も一度現物を見たことがありますが、確かに欧州車のそれと同じような感じに見えます。今までハーフミラー系のフィルも色々貼ってきましたがベンツのそれっぽい雰囲気を出すのは難しかったです。かなり品薄でアメリカからの入荷待ち状態です。このような商品一つとっても本当に欧米は自由だと思います。車のデザインやアイデアに関しては日本はいつも欧米の真似ばかり、もう少し遊び心が欲しいですね。日本には厳しい車検制度がありますので仕方ないですかねー?問合せてきたお客さんは以前、近所に住んていた方なのですが、信じられないほどの車好きで数台の高級外車(ベンツ、BMW ect)を所有しています。30代独身の普通のサラリーマンの方なのでお給料の殆どが車のローンで消えていくそうです。なんと今はベントレーを購入したというので助手席に乗せてもらいましたがお巡りさんまで振り返るので落ち着きませんね(笑い)

 

フォルクスワーゲンのお客さんがインフルエンザでダウン

昨日、21時過ぎに携帯に電話がありました。

知り合いの方からの電話ではありません。

本日コーティングで預かる予定だったフォルクスワーゲン・ヴァリアントのお客さんからの電話です。

たまたま会社の電話を転送しておいたので受けることができました。

何とインフルエンザになってしまい、本日の車の入庫は無理ということでした。

私は予防接種を受けたこもありませんが、一度もインフルエンザに感染したことはありません。

インフルA型、B型とか言って症状は違うらしいですが、高熱にうなされるタイプのものは嫌ですねー!

私は平熱が低いせいか、37度以上にあると体がだるく、何もやる気が起きません。

39度の熱なんか想像できませね。

早く良くなって来店されることをお待ちしています。

 

1