2015年7月

警察より電話、ドロボー捕まえたと!

今年2月8日、ドロボーに入られまして、被害は商品券1万円だけでした。

こいつら3人組で二人は20才、一人は19才でうちに入った奴は19才の奴です。

その日は近所で他に二件はいられました。

本人がうちに入ったことを認めたので警察から連絡が入ったのですが、内容を聞くと驚きました。

捕まえても本人には会えないし、被害にあった物も使ってしまっていれば戻ってこないそうです。

この3人組、他にも100件近くドロボーしているみたいで、被害総額は1000万超だそうです。

中には現金数百万取られた人もいるみたいですが、使われてしまえば戻ってきません。

盗んだ現金は直ぐに使ってしまえば証拠に残らないので、ドロボーにしてみれば直ぐに使い切ってしまいます。

裁判にかけても本人の自供だけではあとで覆す恐れがあるので難しいと言われました。

これでは捕っても被害者は浮かばれません(・ω・`*)ネー

 

断熱フィルム体感機で体感

IMG_1728.JPGいよいよ夏本番です。

雨のシーズンが懐かしいですね

連日の暑さのせいで断熱フィルムを貼られる方が増えてます。

透明でも断熱高価はスモークフィルムより高いので視界を妨げることはありません。

またスモークフィルムに断熱高価を兼ね備えたシルフィールドシリーズも発売されました。

今日もワゴンRのお客さんが透過率8%のシルフィールドフィルムを貼られました。

断熱効果は店内で体感していただくこともできますので是非試して下さい。

体感された客さんはかなりの違いにビックリします。これから毎年暑い夏が来ることは必死です。お子さんやワンちゃんの為にも施工されるなら早めの方がいいでよね!

 

凹み1個のはすが?

IMG_1720.JPG横須賀市から来店されたお客さんでして、車はゼロクラウンです。

ホームページを見て凹み確認の為来店されました。

気になっている凹みはルーフにあり、直径4センサぐらいです。

どうして凹みがあるのか心当たりは全く無いということです。

何か上から落ちてきたのでしょうか?

 

 

IMG_1721.JPG当日拝見した時はここだけのはずでしたが

翌日来店されるとフードに二箇所凹みが見つかりました。ルーフのデントより一回り小さめの凹みですが

勿論心当たりはなく、悩んでいられました。

ゼロクラウンのフードはアルミで袋になっているので工具が入るかどうか心配です。

同じ箇所に二箇所ありましたので三個のデント修理費用は3倍にはなりませんが、前日の御見積の倍になってしまいます。

 

 

 

IMG_1722.JPG

3箇所となると時間もかなりかかります。2.3時間暇をつぶしてていれば直るというものでもないので

代車で一旦自宅に戻って頂きました。自宅が横須賀なので大変ですが、横浜横須賀道路を使えば

かかる時間は距離のわりにはかかりません。高速代は必要ですが

 

 

 

 

IMG_1723.JPG IMG_1724.JPG

見事完璧に凹みはなくなり、元通りです。塗装もパール塗装でぼかし塗りもできない為、鈑金修理だと楽に20万円オーバーでしょうね!

横浜横須賀道路三往復したかいがありましたねsign03

 

 

シート丸洗いの依頼

15年前のハイラックスサーフのファブリックシートを丸洗いして欲しいと言われ

ネットで探してみたら、都筑区にありました。

電話で話しただけですが面白そうな社長さんで私より少しおじさんでした。

同年代ということもあり話が弾みました。

一時は社員20人抱えて事業展開していたそうですが残ったのは借金だけ

今は地道にやられているそうです。

今の仕事量が一番自分にあっているとも言ってられました。

後継者も探し始めようか考えているらしいのですが、なかなか向上心のある若者に巡り合わないみたいです。

丸洗いとなるとスチーム洗浄などと違い高価になるのでお客さんに金額を伝えてやるかどうか分かりませんが

正式依頼されたらシートを外して持ち込みたいと思ってます。

丸洗いされている業者は少ない為、かなり遠方からのお客さんも持ち込むらしく需要はあるようです。

誰もやらないことをやってみようと思い始め20年、お客さんの立場に立って仕事をしていれば必ずリピートはあるし

紹介もあると言ってられました。

見習わなくてはいけません。

 

気前のいい保険会社と渋い保険会社

バックゲートあたりをぶつけられへこんでしまったとお客さんから電話がありました。

車は27年前のサニトラです。

綺麗にレストアし、ガラスコートを施工しています。

お客さんが停車していたところに2トン車がバックしてきたそうです。

修理はレストアした鈑金屋さんに持ち込むことなしました。

おおきな事故ではありませんがバックゲートがないらしく叩いて修理となりました。

鈑金屋さんが保険会社に請求下金額が40万円

保険会社も納得したそうですが、サニトラのバックゲート修理でこの金額では実費では無理ですね!!

サイドのフェンダーも叩いて修理とはいえ部品がないと高額な修理代になります。

後で鈑金屋さんに聞いた話ですが、保険会社によりこのへんの金額はかなり違いがあるらしく

下手すると全損扱いされ、市場で売られているサニトラの相場金額しかださない保険会社もあるらしいです。

このお客さんはラッキーだったということです。

ガラスコートも保険で再施工できますので鈑金塗装が完了したらコーティングです。

1