2013年3月

ドロボー被害件数その日だけで三件

昨日警察官が棚の高さを測り忘れたということで来店しました。

その時に聞いたのですが、当日、当店を含め他に二件の事務所荒らしがあったそうです。

盗まれた物は現金もあれば工具など様々です。

手口も荒っぽく外国人系の奴らでしょうか?

憎たらしいですねーangry

 

黄砂への対処方法

kosa.jpg

対処の基本は黄砂付着後は早めに洗車することです。

黄砂は砂ですから、水をたっぷり使い洗い流し、シャンプーを泡立てやさしく洗車してあげて下さい。

適当に洗うと傷の原因になりますので注意が必要です。

 

昨日事務所にドロボーが入りました。

328 005.jpg 328 006.jpg 328 007.jpg

御恥ずかしい話ですが、ドロボーに入られました。

バールでこじ開けたみたいです。

出勤すると外に黒い箱が散乱、その時は誰かゴミを落としていったと思いました。

事務所の鍵を開けようとしたら鍵が開いている

おかしいと思いながら中に入ると机の引き出しが開いてます。

その時初めてやられたと思いました。

預かっていた車には被害はありません。

一安心です。

外に散乱してた黒い箱はVIPERの空箱でした。:

警察に連絡、

現場検証に三時間、

ドアを壊されたほか被害はありませんでした。

ざまあみろです。

今後、防犯カメラを設置予定、セキュリティを強化していくつもりです。

つかまるといいんですが

 

ポルテに付いた細かい染みの原因判明!

img_kousa02.jpgのサムネイル画像黄砂の上に載って流れた水が水滴状になり、張力によって黄砂が一点に集まっているのがわかります。

この状態で水分が蒸発、乾燥する為レンズ効果をともなった状態となり、従来のイオンデポジットのように外周だけでなく、中心部にもより固着したデポジットが残留することになります。

結局染みはイオンデポジットでした。

黄砂により車の塗装はかなりダメージを受けます。

次回は対処方について記します。

VIPERアクリルスキャナー640V 画像

ccyana.JPGのサムネイル画像

前にブログでご紹介したVIPER640スキャナーです。

個人的にはなかなかかっこいいと思いますがいかがでしょう?

スキャナーも多種多用ですがVIPERロゴがあるもののほうが、高級観がありますね!

 

待望のH16型18W HID 新発売

SMART HID フォグランプKIT H16 6000K(電源ハーネス付)を取扱うことになりました。

このKITは18Wで灯具を痛めることはありません。

トヨタ

アクア、プリウス(H23,12~)  エスティマ(H24,5~)  ウイッシュ(H24,4~)

カローラアクシオ、フィールダー(H24,5~) ポルテ、スペイド(H24,7~)

オーリス(H24,7~) マークX(H24,8~) 等

ダイハツ

ムーブカスタム(H24,12~) 等

スバル

レガシー、レガシーツーリングワゴン(H24,12~) 等

販売価格はキャンペーン価各39800円です。 (4月30日まで)

よろしくお願いします。

LEDフォグランプ残り1個になりました。

キャンペーンで26400円で販売していた、LEDフォグランプが残り1個になりました。

純正のフォグランプより白くて明るいと喜ばれています。

HIDよりかなり御値段も低価格なのが嬉しいですね。

 

GKMAX施行してから5ヶ月が過ぎました。

polute 001.jpg polute 002.jpg

2月9日に洗車してから一回も洗車しませんでした。

洗車しても黄砂や花粉PM2.5やらで埃だらけになってしまいますので、つい面倒くさくなり

ほったらかしてしまいました。

昨夜、雨が降り、たまりかねて洗車することにしました。

しかし簡単にはザラザラしたものは落ちません。

お湯で砂や花粉を溶かしながら根気強く洗車してやっと落とすことができました。

雨染みはありませんが、右の画像をよーく見ると

細かい染みみたいな非常に細かい斑点があります。

前回はなかったのですがいったいなんでしょーね?

花粉や黄砂の成分から溶け出したものが付いてしまっているみたいです。

シャンプー洗車してみましたが落とすことはできませんでした。

クリーナーで軽く擦る程度で落とせるとは思いますが、又今度にします。

 

VIPERアクリルスキャナー640V

加藤電機からVIPERの新しいスキャーな登場するらしいです。

出荷開始は3月15日からみたいです。

なかなかかっこよくドロボーへの威嚇には効き目がありそうです。

そのうち画像を掲載します。

コーティングに対する保険制度が厳しくなる?

本日、アークバリアから連絡がありました。

事故があった場合、ボディを鈑金し塗装したり

パーツを新品交換しますと当然ながら

コーティングもなくなってしまうので、部分コートをします。

その費用は保険で対応して頂いています。

まあ、当然のことですが、不法に保険請求する業者が数多くいる為

保険屋さんも対応を考えざるおえなくなったみたいです。

具体的な内容ははっきりしていませんが、保険請求が面倒になるのは

困りますね!

1  2