ホーム>スタッフブログ

スタッフブログ

凹凸があるヘッドライトでも貼れます。

IMG_1809.JPG

特に最近の国産車ですが、釣り目が人気なのか、ヘッドライトをやたら釣り上げてる車が多いですね!

ヘッドライトは威圧感を醸し出すのに重要なパーツなのでしょう

昨今、あおり運転がやたら騒がれているいますが、車の顔をもっと優しくすることで、ドライバーの気持ちも優しくなれるのではないかと思いますが?

ヘッドライトにプロテクションフィルムを貼る為には釣り目でも全然問題ないのですが、できれば凹凸はない方が貼りやすいのです

左のアルファードのヘッドライトも一ケ所凸の部分がありました。

 

 

車検ステッカーを剥がす時は特に注意!

IMG_1810.JPG

車検をパスするとフロントガラスの貼ってある古いステッカーを剥がし、新しいステッカーと張り替えます。

剥がすのは簡単なんですが、いきなりスクレッパーを使用して剥がすと大変なことになります。

最近はフロントガラスに透明な断熱効果のあるフィルムを貼っている車も多く、外見からはもちろんですが

中からよく見ても貼ってあるのかないのかよく判りません。

フィルムの貼ってあることに気が付かず、スクレッパーで車検ステッカーを剥がそうとするとフィルムも一緒に剥がしてしまう事になります。

やってしまった人は愕然とするのではないでしょうか!

過去に何度か張り替え作業を依頼されたことがありますが、フィルムを剥がすと糊が残る為、糊の除去が大変な作業になります。

その費用もプラスになってしまうので貼り直しは少々お高くつきます。

ステッカーを剥がす時は十分注意して下さい。

 

 

初めてのトラブルでビックリしました。

つい2日前のことですが、ハリアーの新車にVIPERを取付していた時の事です。

ボンネットから室内にサイレンの線を引き込む定番の作業があるのですが、車種により難易度はかなり違います。

ハリアーの場合は室内より線通しをブーツに差し込みボンネットからの配線を引き込みました。

なんら問題なくすんなりいったように思えたのですが、何やら引き込んだ配線が濡れていたので驚き

室内からもぐりこんで線をたどるとブーツの部分が少し濡れていたので、嫌な予感がしました。

もしかしてブーツのなかでウインドウォッシャーのホースを線通しで気づ付けてしまったのでないか?と思い何とか探ろうと思いましたが

ボンネットの中から全く見えない部分なのでお手上げです。

ホースの交換はディラーさんの方がよいと思い、神奈川トヨタの戸塚営業所の知り合いの方に依頼した結果、ホースは損傷ではないという事でした。

ボンネットからは全く見えない部分に雨水が溜まっていてその水が配線を引き込んだ時に入ってしまったようです。

この原因を突き止めるのにワイパーやカウルパネルなどを外し、ブーツ近辺のパーツも外さないと確認できないらしくかなり時間がかかりました。

お客さんは二日後に旅行に出かける予定があるようなので、何事もなくなく済んで良かったです。

 

おーとこれは酷い! デントで修復できますか?

 

IMG_1747.JPG

21:系クラウンのルーフの隅に凹みがあるのが判ると思います。

お客さんが鈑金塗装で修理を相談したところ、十数万円の御見積だったそうです。

なんとかデントリペアで元通りにならないかということで金沢区より来店されました。

お客さんに画像を送ってもらい凹みの状況を判断した時は、そんなに深いと思わなかったのですが、

実際に見てみると画像よりはるかに深い凹みでした。

元通りにならないと代金はいただかないというポリシーでやっていますので、手を付けるかどおするか高田さんも思案していました。

結局、作業時間4時間30分かけて完璧に修復されました。

お客さんもビックリ、大喜びです。

画像を取り忘れたのは残念です。

 

ポルテ売却しました。

購入したディーラーから車検が近いという電話がりました。

新車で購入し7年間使用し、走行距離は35000キロと少な目でしたが、左ステップの凹みリヤフェンダーに擦りキズ、

右ドアと右スライドドアには鈑金では修復不可能と思われる凹みがありましたので、

そのまま乗るにはチョット恥ずかしいので売却することにしました。

修理すると40万ぐらいだと思います。

保険はエコノミーの車両保険なので自爆事故は対応してもせえません。

色々な買い取業者に見積もりして頂いて、一番高い業者に159000円で引き取ってもらいました。

車の損傷を考えると妥当だとは思います。

自爆でも保険で対応できる保険に入っておくべきでした。

車を売却すると次の車が欲しくなります。

最近欲しくなったのがジムニのシエラ

エンジンは1500CCなので普通車になりますがなかなか評判もよく、太いタイヤを履かせるとかっこいいと思います。

家族には反対されると思いますがどうにかしたいですね!

 

 

 

これは意外です!ハイゼットのフロントガラス

IMG_1703.JPG

ハイゼットのフロントガラスの透過率を測定したところなんと75%しかありませんでした。

これはヴェルファイヤ、アルファードと同じ数値です。

フロントガラスの透過率は75%確保していなければならない為、これはギリギリの数値です。

ゴーストフィルムの施工を依頼されていましたが、これでは明らかに車検はアウトです。

仕方なく透明断熱フイルムを貼ることになりました。

ベンツMクラス、オーロラフィルムを貼ることに!

IMG_1669.JPG

8/18日、

本日、ゴーストフィルム施工予約のお客さんが来店されました。

作業に取り掛かる前に、まず透過率を測定し、お客さんとフロントガラスに貼ってある車検のステッカー、ドライブレコーダーの処置、ダッシュボード上のGPS、レーダー探知機の取り外し等を話し合うのですが、フロントガラスを見てるとなんと既に透明なフィルムが貼ってあります。

お客さんも新車で購入したのではない為、気が付かなかったという事ですが、困ったことにスクレッパーでフィルムが傷付いています。

透明なフィルムですと修理工場も気が付かないでスクレッパーで車検ステッカーを剥がしてしまうみたいです。

つい先日も同じような事があり、修理工場さんがレクサスNXのフロントガラスにフィルムが貼ってあることに気付かず、スクレッパーを使ったところフィルムを傷つけてしまいまして、再施工を依頼してこられました。

「剥がすと別料金となりますのでどうしますか?」とお聞きしますと、フィルムを剥がさずに貼って欲しいと言われました。

フロントガラスなので難度高いですが、剥がすと糊の除去がかなり大変になりますので協議の上、剥がさず貼ることになりました。

初めてフィルムの上からゴーストフィルムを貼りましたが、透過率は74%確保できましたので、めでたしめてたし!

 

 

お盆休は営業中

IMG_1653.JPG

盆休み前にかなり長く休んでしまったので、お盆休みは営業しています。

世間はお休みなので、飛び込みのお客さんもちょこちょこいらしゃいます。

有難いことに、当店のホームページをご覧になり来店される方が殆どですが

盆休みを利用してかなり遠方より来店される方もいられます。

遠方から来店されるお客さんの99%はオーロラフイルム施工希望者です。

本日もポルシェカイエンのフロントガラスにオーロラフィルムを施工しました。

お天気が晴天の為、曇りの日ほど綺麗に色が出ていませんがほどよい紫色になっています。

フロントガラスにフィルムを貼るのはかなり神経を使う作業で、リヤガラスの施工に比べ3倍疲れます。(笑)

明日はクラウンです。

 

フロントドアガラスに貼れるオーロラフィルム

従来のオーロラ系フィルムはフロントガラスに施工した場合、90%近くの車は透過率70%をクリアしていました。

ところが、運転席、助手席に貼ると殆どの国産車は透過率70%以下になってしまいます。

フロントガラスよりフロントドアのガラスがもともと透過率が低い為です。

運転席、助手席へフィルムを貼りたいという要望は非常に多いのですが、かなりの方に諦めてもらいました。

最近になつて、透過率が従来品より高いオーロラ系のフィルムが発売されたというので今回サンプルを取り寄せています。

反射の仕方は従来品より上品な感じと書いてあります。

さて、どんな感じでしょうか?

 

 

フロントガラスにフィルムを貼るのが当たり前の国はどこ?

IMG_1510.JPG

昨日、タイから帰ってきました。

タイには何回も遊びに行っていますが、今回はチョット驚いた事があります。

タイでは運転席、助手席にフィルムをはるのは当たり前で、タクシーもほぼ100%貼っています。

当時、これには驚きました。

十数年前まで日本も問題ありませんでしたが、それでも貼っている車は少なかったと思います。

今では厳しく法律で透過率を決められていますので濃いフィルムを貼っている車は見ません。

今回ビックリしたのが、2年前まではフロントガラスにはフィルムを貼っていなかったと思いますが、今回は、ほぼすべての車が貼っていました。

前から見ると室内が見えません。

暑さとUV対策なのでしょうか`、日本では考えられません。

法律で施行OKになったのでしょうか? 

 

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11