ホーム>スタッフブログ

スタッフブログ

少し工夫してウルトラビジョンステルス施工

IMG_2609.JPG IMG_2608.JPG

ミステリアスアイス85という名前のフィルムですが製造工場の設備トラブルということで未だ入荷していません。

お客様には大変御迷惑をおかけします。

しびれを来たしたレクサスのお客さんがどうしてもフロントガラスを紫にしたいという事で、ウルトラビジョンステルスを失敗覚悟で施工してみました。その結果、裏技を使いなんとか成功しました。

まずお客さんの了解をとり、まずグラデーションフイルムを貼って頂き、その上にステルスフィルム少し重ねるといった方法をとりました。

グラデーションフィルムが完全に乾ききってから施工になりますので手間がかかりましたが、この方法が一番良いのではないかと思います。レクサスより湾曲しているフロントガラスにはステルスのような硬くて厚いフィルムの熱形成は失敗確率大です。

ウルトラビジョンステルスとミステリアスアイス85

IMG_2582.JPG IMG_2583.JPG IMG_2581.JPG

ウルトラビジョンの改良型ミステックライトの入荷を一年近く待ち続けて入荷したライトのフィルムを見てガッカリしました。

他のフィルムでは出せない紫色の反射がありません。

代わりに登場したフィルムがウルトラビジョンステルスというフィルムですが、フィルムがライトより硬く非常に形成しにくいフィルムです。

なんとか、BMWのフロントガラスに施工してみたのですが、フィルムが硬いので形成段階で熱を加えすぎると表面のスバッタが壊れていまい、湾曲の大きなガラスには不適合です。

透過率は75%で車検には問題ないと思いますが、施工にはかなり問題があります。

その他、ミステリアスアイス85というフィルムも部分的に貼ってみましたが、以前のウルトラビジョンミステックライトに近い反射です。

と言っても少しおとなしい感じです。

自動車ガラスに施工するのであればミステリアスアイス85が限界かもしれません。

 

11月も続行、40%OFFキャンペーン

お客さんからのコーティングのお問合せで一番多い質問が「一番お勧めのコーティングはどれですか?」

それは車の保管状況、お手入れの仕方、塗装色や種類、予算などにより違いがありますので、お客さんと相談して決めています。

選べるコーティングは4種類、それぞれ長所、短所ありますので、その時にご説明させて頂きます。

さて、11月もカーフィルム車種限定、台数限定低価格キャンペーン VIPER3903車種限定割引キャンペーンなどワクワクするキャンペーン実施します。

色々なキャンペーンしているので、つい忘れて正規の金額を伝えてしまうことがあり、あとで訂正することがしばしばです。

気がついたらお客さんからご指摘頂ければ幸いです。

キャンペーンの事を知らずに来店される親客さんに、キャンペーン価格を告げるとビックリされます。

新車を購入契約する前に今月のキャンペーン覗いて見て下さい。

信じられない価格で提供させて頂きますので、予約お待ちしております。

 

 

 

 

改良型ウルトラビジョンライトとウルトラビジョンステルス

IMG_2559.JPGスバルプレオのフロントガラスに貼ってました。

上が改良型ウルトラビジョンライトで下がウルトラビジョンステルスです。

これがウルトラビジョンライトですか?と思われる方がいらっしゃると思いますが

間違いありません。

私もショックです。あの紫:系の反射はどこにいったのでしょうか!

新商品のステルスの方が以前のウルトラビジョンライトに近い気がします。

しかしライトよりフィルムが硬く形成も貼り付けもしにくい感じです。

ちなみに透過率はどちらも75%ありましたのでプレオの場合車検は問題なさそうです。

フロントガラスに一枚張りして取り扱うかどうか決めたいと思います。

 

改良型ウルトラビジョンライトフィルムが入荷したとの連絡あり。

改良型ウルトラビジョンフィルムが入荷しましました。

代理店よりサンプルが届いたのですが、何となく以前のような紫がかった反射がみられません。

代理店にもっと大きな物を送って欲しいと頼み本日届きました。

実際に車のフロントガラスに貼ってまることにします。

後日画像をアップしますのでご参考にして下さい。

驚き!リヤガラスの熱線が剥がれてしまったの?

IMG_2509.JPGのサムネイル画像横の画像は新車のC27系セレナのリヤガラスの熱線です。

シルフィード断熱フィルムの施工を依頼され、預かったのですが

貼る直前になって、よーく蛍光灯をあてて熱線を見てみると

上から三本目の熱線が所どころ剥がれているように見えます。

このような物が7~8本ありました。

このまま貼ってしまうこともできますが、一応販売店に確認してもらってからの方が良いと思い

リヤガラスだけフィルムは貼らずに納車することになりました。

数日後、お客さんから連絡があり、販売店では「在庫の車両を確認してみたところ他数台同じようなものがある為、問題ないです」と言われたそうです。

確かに通電し、熱線としての通常の機能をはたしていれば問題ないと思いますが、いままで数多くの車を見てきましたが、このような剥がれているように見えるものは初めてです。

トヨタ車でもプリウスやベルファイヤーなどの熱線が弱く、フィルムを剥がすと、一緒に熱線も剥がれてしまう物もありましたが、似たような感じに見えます。

ドアパンチは運転席側が多いのは何故?

IMG_2316.JPGのサムネイル画像昨日、レクサスISの運転席側のドアのかなり凹の深いエクボのリペアをしました。

あまり意識はしていなかったのですが、ドアパンチは運転席側に多いような気がします。

いつも運転されている方はドアを開ける時は隣の車の事を気遣いますが、助手席の人は無頓着な女性や高齢者、小さな子供などが座っている事が多いので、ドアを開ける時も注意してくれないという事だと思います。

隣の車が高級車であったり、綺麗にお手入れされている車であればその運転手さんも車を大事にしているのでドア開けには気を付けます。

ですので、駐車する時は、駐車場の一番右端がお勧めです。それが無理な時は綺麗にお手入れされている車の隣に止めるようにしましょう。

 

衝撃的、真っ黒なウインド

IMG_2546.JPG昨日、トヨタのエスクワイヤーのプライバシーガラスに、新発売されたNS003(透過率3%)のフィルムを貼りました。

車中泊されることが多いお客さんなので、ハードスモークフィルム選ばれたのですが、ビックリする黒さになりました。

もともと、医薬品、衣料品など、遮光性が必要な商業車などの荷台スペースに貼ることを目的に新開発されたものですが、車内からの

視界は飛躍的に良くなっています。

ただ、今回はプライバシーガラスに貼ったので更に黒くなりました。

もし、雨が降れば降るほど汚れが落ちるコーティングがあるとしたら?

新車を購入したての頃は、まめに洗車もしていましたが、時間が経つと面倒くさい、冬は寒いので洗車はしたくない、

駐車場も屋内ではないので、洗車してもすぐ埃が付き、雨が降るとどうせ汚れてしまうなどの理由から怠けてしまう方がほとんどだと思います。

ハイドロテックウルトラUVコートはそんな方にお勧めのコーティングです。

車の塗装表面に空気中の水分を吸着させ、水の膜を形成、汚れが来ても水の膜に浮いた状態にし、雨などが塗装面にかかればその水が

汚れの下の水親和し、汚れを一層浮かした状態にす為、雨やシャワーなどが塗装面にかかれば水と一緒に汚れも流されるという仕組みです。

建物の外壁、ソーラーパネル、トイレの便器、飛行機、スマホなどの液晶画面などに使用されているコート剤を車用に改良したものです。

どーですか?

ガラスコーティングのように硬い皮膜で塗装を保護する方法ではなく、全く違った方法で車を綺麗に保つもう一つの提案です。

 

ホーム画面の掲載車両の入れ替えしました。

ホームページ作成より長年にわたり使われていたホーム画面の掲載車を入れ替えてみました。

今回はアテンザワゴン、アウディA3、ホンダフリード、BMW1シリーズとなっております。

当店でコーティング、フィルム、セキュリティ等を施工をさせて頂いたお客さんの車両を勝手に掲載させて頂いています。

ナンバーは隠していますのでご安心ください。

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11