ホーム>スタッフブログ

スタッフブログ

二代目ダイハツタントのフロントガラスの丸みがう~ん!

IMG_0287.JPGタントのフロントガラスもかなり湾曲してますので熱形成にはてこずりました。

なんとか二回目で成功

現行タントのフロントガラスはどうなんでしょうか?

ウルトラビジョンやミステリアスアイスてすと尚更です。

オーロラ系の雰囲気はなかなかいいと思います。

電波障害についてはメーカーサイドでは問題無しと言っていますが保証していません。

透過率もタントの場合ですが73でした。2%前後の誤差があると考えても車検合格ラインはクリアしています。あくまでも当店の計測器(TM200)での計測結果ですから保証するものではありません。

 

スイフトスポーツ ヘッドライトプロテクションフィルム

IMG_0284.JPGのサムネイル画像新車ボティコートと同時にヘッドライトにプロテクションフィルムを施工させて頂きました。

黄変や曇り、また飛び石からヘッドライトを保護することができます。

なるべく早めに施工することをお勧めしています。

黄色に変色したり、白く曇ってきてしまった場合は全てのクリアを研磨し削除しなければ従来の輝きを取り戻すことはできません。

簡易的な研磨でも、ある程度は輝きを取り戻すことができますが、すぐに元に戻ってしまうようです。

 

フィルム名は?

100系チェイサーのフロントガラスに貼り、透過率を測定した結果74%ありました。

測定する場所で多少の誤差はあると思いますが、これならば車検はOKだと思います。

なかなか優秀な数字です。

写真を撮り忘れてしまって残念です。

ガラスによって反射の仕方も違うと思いますが、今回は紫色と緑色が強く出ました。

これで金属は混じっていないというのは不思議です。

そうなると電波障害も起きないという事になりますがどうなんでしょうか?

次回、ダイハツタントに施工予定ですのでその時に画像で紹介します。

 

100系チェイサーフロントガラスのつづき

IMG_0280.JPG本日、愛知県よりフィルムが届きました。

株)アネストさん急がせて申し訳ありませんでした。

早速、形成開始、

フィルムに柔らか味があり何とかいけそうな感じです。

フロントガラス上部に車検対応範囲でグラデーションフィルムを貼り、その上から重ねる方法にしました。

グラデーションフィルムで上部13センチ位はカバーできますので助かります。

形成完了したのでフィルムの張り付け作業に入りたいのですが、グラデーションフィルムの水泡が少しあるので明日に持ち越しです。

このガラスにミステリアスアイス85は難易度高いので

IMG_0279 (600x800).jpg本日、100系のチェイサーのフロントガラスにミステリアスアイス85を施工する予定でしたが見事一回目失敗です。

2度目は右端部分はなんとか限界近くまでは縮めましたが、反対側で撃退されました。

熱形成の段階でフイルムの収縮が限界です。

今までレクサス、ランクル、セルシオなどに貼ってきましたが何とか形成できましたのでショックです。

素直な湾曲の少ないガラスに見えるのですが、両端だけが見た目より湾曲しています。

簡単に言えば大型トラックのようなフロントガラスてす。

センターは殆ど平らなので問題ないと甘く見ていました。

それともスキルの問題でしょうか?

明日、違う種類のフィルムが届きますので、そちらで再びトライしてみますがどうなることでしょう?

最近の車両価格には驚きますね!

昨日の話です。

コーティングとフィルム施工を依頼されていたアウディA6 Avantのお客さんが、車を引き取りにこられ時に、話の流れの中で車の車両価格の話になり、つい「1000万ですか?そんなに高いのですか?600万ぐらいにしか見えない」

と言ってしまいました。(笑)

お客さんは笑って話していられましたが、内心はどう思っていたのでしょうか?

失礼いたしました。

それにしても最近の車は見た目より高価です。

外装はあまり変化していないのに、自動運転システムやあれやこれや色々なセンサーが付いているので見た目よりかなり効果になってしまうのでしょうね!

私はもっとシンプルでいいから安い方がいいですねー

その方が故障も少ないですし、破損した時の修理代も安くすみますから!!!

 

ドアエッジにプロテクションフィルム施工

IMG_0278.JPGプロテクションフィルムが透明なので、貼ってあるのかよく見ないと分かりません。

ドアのエッジにいかにもというようなシルバーメッキやゴールドメッキのドアエッジモールはカッコよくないと思いませんか?

ドアを開けた時にブロック塀やコンクリートの壁からドアエッジを守る為には仕方ないと思いますが、

それならば、さりげなく、目立たないがドアエッジを確実に保護できるプロテクションフィルムの方がスマートだと思います。

VWゴルフオールトラックのベッドライトにプロテクションフィルム

IMG_0272.JPG現行のゴルフのヘッドライトです。

かなり大きめですが、変な凹凸もなく素直なヘッドライトで助かりました。

不思議なことに、ベンツ、BMW、アウディ等、外車のベッドライトには変な凹凸はありません。

それに比べ、国産の特に軽自動車などは変な凹凸や角ばっていたり難易度高めです。

これで飛び石やライトの黄ばを防げます。

ホイルにもハイドロコート

IMG_0271.JPG3年前に当店でハイエースにコーティングさせて頂いたお客さんが持ち込まれたホイルです。

ホイル単体での持ち込みの為、裏側までコーティングしました。

ハイエースに装着するものではなく、かなりハードな走りわする車両に装着するということで

耐熱性能1000度までOKなハイドロテックウルトラUVコートにしました。

BMWバイクの風防には無理

数日前に「バイクの風防にオーロラ系のフィルムは貼れないのか」というお問合せをいただき

本日、そのお客さんが湘南台より来店されました。

main.jpgなんと排気量1600CCのBMWの大型バイクです。(K1600GTL)

電話で風防の湾曲度合は車のリヤガラスぐらいと伺っていましたが、実際にはかなり激しく湾曲していました。

オーロラ系フィルムの特質上、「残念ですがチョット無理」とお断りさせていただきました。

 

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11